ビットコインの理解を深める

騒がれているビットコインですが、前提として通貨の仕組みを把握することで、ビットコインの理解をぐっと深めることができると思います。

前置きが長くなります 電子マネーは流通元の会社が信用を担保しているわけですが、ビットコインではそのような機関は存在しません。

そもそもビットコインの場合は、ブロックチェーン、つまり公開された分散型台帳にコインの所有者の情報を刻み込むことで取引を表現します。

悪意のある参加者の存在を前提としたコンセンサスアルゴリズム(ビットコインの場合は計算競争のProof of Work)を併用しているためです。

また、ビットコインについて話を進めていきましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8

このブログ記事について

このページは、paper-moon.infoが2016年5月20日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後悔先に立たず!? 〜相続手続き編〜」です。

次のブログ記事は「メール便についての大切なお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。